« Betfairがバイエル・レバークーゼンとスポンサーシップ契約を締結 | トップページ | Mahjong Logic社、Plus-FiveGaming社とのパートナーシップ »

2012年7月18日 (水)

韓国にカジノシティー誕生か!?

現在、ソウル市内に3軒のカジノを保有する韓国ですが、仁川の永宗地区という所に
4軒ものカジノ建設計画があるようです。これで韓国に、マカオに次ぐアジアで2番目の
カジノシティーが誕生するかもですね。

仁川永宗島のカジノ計画、最大で4カ所

仁川市の仁川経済自由区域庁によると、仁川経済自由区域・永宗地区にカジノを最大で
4カ所建設する計画が進んでいることが分かった。ソウル経済新聞が伝えた。

ユニバーサルエンターテインメント(東京都江東区)の韓国法人「オカダホールディングス
コリア」は、昨年11月に同庁と同地区への投資に関する覚書(MOU)を結んだ。これにより、
オカダホールディングスコリアと同庁は総事業費4兆5,000億ウォン(約3,211億円)を投じて、
同地区の「永宗ハヌル都市複合リゾート地区」に外国人専用カジノやホテルなど複合リゾート
の建設を進める。NNAの取材によると、都市開発と関係するなど規模が大きくなるだけに、
施工までに多少時間を要する見通しだ。

また、オカダホールディングスコリアは仁川空港公社の国際業務団地(IBC-2)事業でも
優先交渉対象に選定された。同地区に2兆ウォンを投じてカジノホテルや商業施設などの
複合リゾート施設を設立する計画という。

また、米ラスベガスのホテル会社、シーザーズ・エンターテインメントが7億米ドル(約569億
1,200万ドル)を投じ、同地区ミダンシティーにカジノホテルなどを建設するため、仁川経済庁
などと接触している。韓国企業ではパラダイスグループが、現在運営しているハイアットホテル
のカジノを仁川空港公社の国際業務団地(IBC-1)に移転する計画を進めている。

【2012年4月25日 NNA.ASIA】

« Betfairがバイエル・レバークーゼンとスポンサーシップ契約を締結 | トップページ | Mahjong Logic社、Plus-FiveGaming社とのパートナーシップ »

韓国とカジノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にカジノシティー誕生か!?:

« Betfairがバイエル・レバークーゼンとスポンサーシップ契約を締結 | トップページ | Mahjong Logic社、Plus-FiveGaming社とのパートナーシップ »