« 第7回日本カジノ創設サミット、阿寒湖で開催 | トップページ | 成田周辺 カジノ構想、最大1兆5000億円の経済効果 »

2012年7月 3日 (火)

吉本興業、沖縄にカジノ含めたエンターテイメント構想

吉本興業も以前からカジノビジネスには興味をもっていたようですが、こうしてメディアで発表されるのは初めてです。

・吉本興業:基地跡地利用なども想定し世界に発信する街づくり提案

 吉本興業(大阪市、大崎洋社長)は、米軍基地の跡地利用なども想定し、沖縄をエンターテインメント産業の創出拠点として世界に発信する街づくり構想を国や県などに提案している。「つくる」「住む」「育てる」「楽しむ」「集う」をキーワードに、ゲームやアニメなどのコンテンツを制作する環境を整備し海外からもクリエイターを招き入れるほか、映像や演劇などエンターテインメント養成の学校を建設、ショッピングエリアも計画している。

 総面積は計17ヘクタール余で、建設費用は220億円程度と算出。同構想について県は「沖縄国際映画祭をみても、県内におけるエンターテインメント産業と人材の育成は県としても重要視している。基地の跡地利用にとらわれず協力していきたい」としている。吉本興業は第1弾として人材育成施設を計画。担当者は「基地跡地ありきではない」とした上で「文化や芸能面で独自性が豊かな沖縄を芸術の島としてより発展させたい。長期的ビジョンを持ち段階的に整備したい」と話した。

 具体的な構想として(1)クリエイターらが働く場所(2)千人が暮らす居住環境(3)映像、演劇などを学べる養成学校(4)ショッピングエリア(アウトレットモール、小規模カジノエリア)-などを掲げている。

【2012年4月4日 琉球新報】

« 第7回日本カジノ創設サミット、阿寒湖で開催 | トップページ | 成田周辺 カジノ構想、最大1兆5000億円の経済効果 »

沖縄とカジノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本興業、沖縄にカジノ含めたエンターテイメント構想:

« 第7回日本カジノ創設サミット、阿寒湖で開催 | トップページ | 成田周辺 カジノ構想、最大1兆5000億円の経済効果 »