« 日本のカジノ導入の有効性<1> | トップページ | 日本のカジノ導入の有効性<2> »

2012年8月16日 (木)

海外のカジノ・ホテル紹介◆フラミンゴ・ラスベガス

フラミンゴ・ラスベガス

フラミンゴは、ラスベガスで一番最初に誕生した最も歴史の古い
リゾート型カジノです。

1946年に ベンジャミン・シーゲルというマフィアによって、600万
ドルもの莫大な資金で建設された第1号のカジノホテルです。

このフラミンゴという名前は、彼の恋人のニックネームです。
因みに、この話は「バグジー」という映画にもなっています。

ベンジャミンの死後、フラミンゴは度重なる買収を繰り返し、
現在はシーザーズエンターテインメント社によって運営されて
います。

ロケーションは、シーザースパレス、ベラージオ、バリーズで
囲まれる「フォーコーナーズ」 に位置し、ラスベガスストリップの
中心地を色鮮やかに飾っています。

1990年代、人気テーマ型ホテルのラッシュにより、フラミンゴの
利用客は徐々に減っていきましたが、真のラスベガスファンの
間では未だに根強い人気を誇っています。

フラミンゴ内のカジノを通り抜けて中庭に踏み出せば、そこは
まるで別世界のような水鳥の楽園が広がっています。
たくさんのフラミンゴのほかに、キジや白鳥、アヒル、カメ、
錦鯉などが放し飼いにされています。

ホテルの施設は、やはり老舗カジノだけに老朽化は否めませんが、
それでも時折カーペットや備品のリニューアルを施すなど室内は
清潔に保たれています。

そして、フラミンゴの自慢といえば、やはりプールでしょう。
広大な敷地に豊富なヤシの木、滝や滑り台など、規模も内容も
充実していて、ラスベガスでも屈指のリゾートプールといえます。

バフェもまずまずの評判です。
といっても、「味」ではなくレストランの雰囲気そのものです。
多くのホテルがカジノフロアの奥に設置しているのに対して、
ここは中庭に面して陽当たりがよく、色鮮やかなインテリアで
装飾されています。
そして、全面ガラス張りのフロアからは、中庭のフラミンゴや動物が望める楽しい雰囲気になっています。

最後に、プール施設内にあるウェディングチャペルも紹介しておきましょう。
ラスベガスのホテルチャペルといえば、たいてい屋内に設置してありますが、ここのチャペルは開放的で
リゾートウェディングの気分が味わえること間違いないでしょう。

◇基本データ◇
.
宿 泊 料 金: $55~(スタンダード) $250~(スイート)
客 室 数: 3565室
開 業 年: 1946年
シ ョ ー: NATHAN BURTON COMEDY MAGIC(マジックショー) $34~
レストラン: ステーキ(1) アメリカン(2) イタリアン(1) 日本料理(1) バフェ(1) カフェ(1)
チ ャ ペ ル: あり

« 日本のカジノ導入の有効性<1> | トップページ | 日本のカジノ導入の有効性<2> »

海外のカジノ・ホテル紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外のカジノ・ホテル紹介◆フラミンゴ・ラスベガス:

« 日本のカジノ導入の有効性<1> | トップページ | 日本のカジノ導入の有効性<2> »